忍者ブログ

アンホリなんとかプロダクツ ~UnHolY DisAsTeR~ アクションゲームを作りたい人が気が向いたときに何かを書きます。現在は「UnHolY DisAsTeR」制作中!

RSS TWITTER RssTwitter

ぶっ倒れていました。

先週末は所用で東京に行っていたのですが、帰ってきてからどうもフラフラすると思い熱を測ってみたら38.5度とまあまあの熱が…。
「うわ、まさかこれがうわさの新型インフルエンザか!?」
と思いましたが、ただ単に疲れていただけでした。疲れで熱が出たのは生まれて初めてでしたねぇ。
熱はその晩薬飲んで寝たら下がりましたよ。



このゲームを作り始めたきっかけに、「彼女でも1面だけでもクリアできる難易度のゲームを作り、悪魔城に入門させる」というのがあったのですが、最近、奴はROが飽きたのか、貸したGOLをプレイし始めたらしく、とうとう悪魔城ドラキュラの操作のコツをつかみ、絶賛攻略中状態に入ったようです。
よっしゃあ!目標達成!ゲーム制作終了!!!


・・・・うん、ごめん。嘘です。制作は終了いたしません。
しかし、実際ゲーム制作は迷走中ですね。制作ツールとして使用していたアクツクが、機能はともかく、サポートが期待できそうに無いという理由で使用中止しているのが私のテンションに響いています。
しまったなぁ、判断ミスかなぁ。

特にゲーム制作進捗のネタも無いので、ちょっとした小話でも。
彼女が悪魔城にハマってくれたこともあり、別に難易度の低い悪魔城クローンを制作する必要がなくなってきましたので、むしろ「ぼくのかんがえたあくまじょうてきげーむ」を作ってもいいんじゃないかなぁ…と、この制作中断期間にふと思いました。

最近プレイしたアーケード版悪魔城ドラキュラなのですが、鞭で連続で敵をひっぱたくあの感覚がものすごく爽快で、別の趣向に目覚めてしまいそうな快感がありました。
やはり、ものすごい連続で敵をひっぱたけるのと、手首を返した時に出るあの「バシィッ」って音が爽快感の秘密なのでしょうかね・・・?
ということで、あれをなんとか2Dに持って来れないかと思い、以下のようなドット絵を制作してみました。


もはやどう見ても鞭
チェインをASPD180↑で振るい続けるプリーストさん
※IEだとアニメーションが遅いです。

ん、これ意外といけるんじゃね?
しゃがみ時はどんなモーションでこんな風にチェインを振り続けるアニメを作るかっていうのが今は思いつきませんが、これはこれで効果音さえ間違えなければ敵をボッコボコにする爽快感がありそうです。

しゃがみは敵を打ち上げるモーションにしてエリアルレイブを決められるとか、いろいろな妄想で夢が広がります…が、実際作ったら硬い敵を多くしてしまい、エリアル作業を行うだけのゲームになりそうで…なかなか難しいですね。
一度このモーションで基本動作だけでも作ってみたいなぁ。

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear